The Japanese Society of Sport Sciences and Osteopathic Therapy ( JSSPOT )

第23回学会大会 抄録原稿作成要領

  • HOME »
  • 第23回学会大会 抄録原稿作成要領

「抄録原稿参考(Word)」

【抄録原稿作成要領】
下記の要領で原稿を提出して下さい。

  1. 抄録原稿はA4版白色普通紙1枚を使用し、縦240mm、横170mm以内の枠内(上30mm、下25mmを空白)で作成する。
    提出された原稿は原寸のままオフセット印刷するので図表・写真を原稿に貼付けて完全原稿で提出する。
  2. 原稿は、必ずワープロ等で作成し、プリンタで印刷する。手書き原稿は不採用とする。
  3. 「演題名」は最上段の1〜2行目の中央部に14ポイント程度の文字で、副題がある場合は行を改めて中央部に10ポイント程度でそれぞれ印字する。
  4. 「氏名・所属」は3〜4行目の中央部に10ポイント程度の文字で印字する。
    共同研究者がいる場合は発表者を筆頭にし、所属は氏名の後ろに( )で括って印字する。
    例1:整復太郎(東京都○○接骨院)、例2:スポーツ太郎(○○大学)
  5. 「キーワード」は5行目の左寄せ10ポイント程度で印字し、5ワード以内とする。
  6. 「本文」は6行目から「9ポイント、25文字×43行程度の2段組(中央部1cm 程度を空白)、総文字数2150字」程度の書式で、「目的」「方法」「結果」「考察」「結論」および「文献」などの見出しを付けて「である調」で作成する。原稿用紙の空きスペースをできる限り少なくする。
  7. 図表・写真は全て「本文」の枠内に納めて、原稿に貼付けて提出する。それぞれのタイトルは図と写真では下部に、表では上部に印字する。
  8. 「X 線写真」を用いる場合は、協力医師名を末尾に記載する。ただし協力医師が共同研究者に入っている場合には必要ない。
  9. 「活動報告」の本文も上記にほぼ準じて作成する。
  10. 抄録原稿は郵送する場合あるいは特別な印刷作業が必要な場合はオリジナル1部とコピー2部を同封し、折り目がつかないように厚紙などを使用して編集委員会事務局宛送付する。(締切日厳守)

    ※ 特に困難な印刷技術を要しない原稿においては電子メールの添付ファイルによる提出も可とする。
    その際には上記1から9に従って作成した抄録原稿をMicrosoft Wordか一太郎によるドキュメントファイルとPDF 形式のファイルにして送付する。

  11. 発表の取り消しは抄録締切日後15日以内までに大会事務局宛文書で連絡する。
  12. 作成要領に適合しない抄録原稿は書き直しとなる場合があります。
  13. 送付された原稿は返却しない。
  14. 演題は、日本語のタイトルの下に、英字のタイトルを記載することが望ましい。

更新情報などをWebにプッシュ通知できます。「購読する」をクリックしてください(無料)

PAGETOP